1. 目の下を整形する効果
  2. 28 view

サーマクールアイは目の下やまぶたのたるみに効果があるって本当?

サーマクールアイは切らずに目の下や上まぶたのたるみを取ることができる方法です。

サーマクールとは、高周波(RF)で、お肌のたるみやしわを改善できる治療機器のことをいいます。

f:id:oyakudachinomori:20161024092329j:plain

アメリカで開発されて、現在は世界80か国以上で使用されている人気の高い方法です。

サーマクールアイは、眼球のあるよりデリケートな部分を安全に施術できるように開発された目元専用のサーマクールです。

ラジオ波(RF波)と呼ばれるレーザーよりも何倍も強い高周波を当てることで発生する熱エネルギーを利用してたるみを取っていきます。

表皮にダメージを与えることなくお肌の深い部分に高周波を当てることで、コラーゲンの生成を促進させ、ピンとしたハリを目元に取り戻す方法なんです。

照射するだけなので、皮膚を傷つけることなく目元のたるみやしわを改善することが可能です。

もちろん、目元だけではなく全身のたるみに使える方法となっています。

やはり切らずにたるみしわが取れる方法って魅力的ですよね♪

やって良かった!サーマクールアイのメリットとは?

サーマクールアイの第一のメリットはやはり切らずに目元のたるみやしわを改善できるという点ですね!

f:id:oyakudachinomori:20161024092342j:plain

高周波によって真皮層のコラーゲンが収縮して目元にハリが出る…というシステムなので、美容整形というよりは若返りできた!という感じなのではないでしょうか?

効果が表れるのも比較的即効性があり、通常は照射後24時間以内にはその効果を実感することができます。

簡単な施術ですので、整形独特のダウンタイムなどもありませんし、日常生活には全く支障なく施術を受けられます。

施術後のトラブルが少ないのもメリットの一つ。

切らないプチ整形と言えば、ボトックス注射やヒアルロン酸注入も有名ですが、この場合は左右が不対象になってしまう可能性もあります。

サーマクールアイは照射するだけで注入はしませんから、こういったトラブルも回避できます。

次々に新しいメニューが登場する美容整形の世界ですが、今の時点ではサーマクールアイは最も安全性が高く効果の高い方法と言えそうです。

やる前に知っておきたい!サーマクールアイのデメリット

とても人気の高いサーマクールアイですが、デメリットと言える部分を上げるとすると、その効果が一生モノではないという点です。

f:id:oyakudachinomori:20161024092337j:plain

サーマクールアイは照射直後からその効果を実感することができますが、その効果は数か月持続した後にピークを迎えると段々とその効果が衰えていきます。

効果を継続して実感したい場合は、定期的に施術を受けることになってしまうんですね☆

一度サーマクールアイを受けた方は一般的には半年~一年に一度は再度施術を受けられているようです。

やはり一度たるみやしわが無い目元を手に入れてしまうと、病みつきになってしまうようですね^^;

また簡単な施術ではありますが、ドクターには高い技術が要求される施術でもありますので、クリニックを選ぶ際にはサーマクール認定医が在籍していることをしっかりと確認されてくださいね。

担当ドクターがきちんとレーザーについて正しい知識を習得しているかもポイントとなります。

適当なクリニックで受けてしまうと失敗される…という悲劇もゼロではありません。

年齢や肌質によって効果には個人差が生じることもありますので、この辺りのこともきちんと説明してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

サーマクールアイに限りませんが、美容整形での一番のデメリットは納得のいかない施術をされてしまうことです。

そのためにもしっかりカウンセリングを受けるようにしてくださいね(^_-)-☆

切らない美容整形はコチラ♪⇒【KM新宿クリニック】メスを使わないたるみ治療「サーマクールCPT」 0 - サーマクールアイは目の下やまぶたのたるみに効果があるって本当?

目の下を整形する効果の最近記事

  1. プラセンタ注射は目元のしわやたるみに効果があるの?持続性は?

  2. サーマクールアイは目の下やまぶたのたるみに効果があるって本当?

  3. イオン導入は効果あり?美容皮膚科でも受けられるの?

  4. 目の下のしわにボトックス注射をしたら!?どんな効果があるの?

  5. 目の下のしわ・たるみ・クマを取り除く脱脂術の効果は高いの?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP