1. 目の下を整形する方法
  2. 3 view

目の下のしわやたるみの整形で起きるダウンタイムって何?

美容整形について調べているとよく「ダウンタイム」という言葉が登場します。

これは普段ではあまり使わない言葉ですよね。

目の下のしわやたるみを整形した場合もこのダウンタイムが発生することが多いです。

ダウンタイムとは美容整形用語で、施術を行ってから回復するまでの期間を指します。

f:id:oyakudachinomori:20160706161826j:plain

プチ整形であっても脂肪を取ったり、異物を体内に入れるわけですから、腫れたりむくんだりすることがあります。

また飲酒や車の運転など日常生活で制限がでることもあります。

そういった期間がどの程度続くのか?

施術前のカウンセリングで説明があると思いますが、気になる方はしっかり確認してくださいね!

最近は美容整形の技術がかなりよくなっているので、ダウンタイムがほとんど無いと言われる施術もあります。

もちろん、症状の出方には個人差もあります。

施術直後はゆっくりと休める期間を取った方が安全ですので、極力予定は入れないようにしましょう。

美容整形で起きるダウンタイムの主な流れとは?

美容整形後のダウンタイムの流れは大きく4つの流れになります。

①美容整形後に発生する痛み

②美容整形後に発生する腫れ。どの程度腫れるか?どのくらいで収まるのかは事前に確認しておきましょう。

f:id:oyakudachinomori:20160706161832j:plain

③美容整形後の内出血。目の周りは特に内出血しやすいです。コンシーラーなどで隠すことは可能です。

④美容整形後の抜糸。これはメスを使った施術の場合ですが、術後5~7日後に抜糸を行います。

※溶けるタイプの糸を使った場合は抜糸はありませんが、溶けるまでの期間がダウンタイムになります。約一カ月弱かかります。

ダウンタイムは痛みや腫れを伴わないアザなども含まれます。

違和感が無くなり、見た目もキレイになるまでの期間そのものを指すんですね。

プチ整形でもダウンタイムはあるの?どのくらい続くの?

メスを使ったいわゆる「脱脂術」をした場合、腫れは平均的に1~2週間程度続きます。

その後も赤味が消えたり、むくみが取れるてキレイな目元になるまでは2ケ月程度かかると言われています。

f:id:oyakudachinomori:20160706161838j:plain

やはり切開した分、お肌にかかる負担も大きいので、この方法が一番ダウンタイムが長いですね。

プチ整形と言われるヒアルロン酸注入は術後に多少腫れることはありますが、術後はすぐにメイクをしてもOKなんです。

ボトックス注射の場合はダウンタイムは殆ど無く、術後徐々にその効果を実感できるようになります。

いずれの方法も目の周りですので、内出血を伴うことがあります。

またダウンタイムの出方には個人差もありますので、違和感が長く続く時はすぐにクリニックに相談しましょう。

腕のいいドクターだとダウンタイムも短いという噂があります。

やはりクリニックとドクターを選ぶ時は慎重にしたいものですね!

切らない美容整形はコチラ♪⇒【KM新宿クリニック】メスを使わないたるみ治療「サーマクールCPT」 0 - 目の下のしわやたるみの整形で起きるダウンタイムって何?

目の下を整形する方法の最近記事

  1. プラセンタ注射とは?頻度や間隔はどのくらいがオススメなの?

  2. サーマクールアイは効果なしって本当?どんな施術方法なの?

  3. 美容整形で失敗しないために…きちんと相談できるクリニック選びとは!?

  4. 松田聖子も愛用!?金の糸(ゴールデンリフト)ってどんな施術なの?

  5. 目の下のたるみとクマを一気に改善できるハムラ法とは?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP