1. 目の下を整形する効果
  2. 8 view

目の下のたるみと涙袋の違いは?整形で取ることも作ることも可能

目の下にぷっくりとした膨らみを持つ人がいます。

これは世に言う「涙袋」と呼ばれるもので、またの名を「涙堂~るいどう~」と言います。

f:id:oyakudachinomori:20160705203732j:plain

ホルモンが詰まっていることから「ホルモンタンク」とも呼ばれているそうです。

この涙袋がチャームポイントとして「カワイイ!」「作りたい!」という方たちがいます。

でも、目の下がぷっくりしているのって、たるみなんじゃないの!?と気になる人がいることも確かです。

わざわざ顔の筋トレマッサージまでして、自力でこの涙袋を作ろうとしている人がいれば、無くそうと頑張る人もいるんです。

そもそも涙袋と目の下のたるみって同じものなんでしょうか?

どうしても作りたい!取りたい!と思うのでしたら、プチ整形でも取ったり作ったりすることが可能なんですよ。

今回は涙袋について詳しくお話したいと思います。

目の下のたるみと涙袋の決定的な違いは何!?

実は涙袋というのは、誰しも持って生まれたものなんです。

「え?私の目の下はぷっくりしてないけど??」という方は、表面から見えない状態になっているんですね。

先ほど涙袋にはホルモンが詰まっていると言いましたが、このホルモンがヘルニアのように飛び出しているかいないかの差です。

年齢と共に涙袋が出来たという人は、目の周りの筋力が衰えてしまい、このホルモン部分が飛び出してきた可能性があります。

と言っても生まれつき涙袋がはっきりと飛び出している人もいるので、これは目の下のたるみとは言えません。

実は目の下のたるみにはもう一つ名前がありまして「目袋」と言います。

目袋は涙袋よりも更に下にできるしわのことです。

涙袋がある人が目の下にたるみができると、目の下に2本の線が入る形になります。

f:id:oyakudachinomori:20160705203746j:plain

う~ん…これはちょっと悲しい状態ですね☆

涙袋だけだとチャームポイントになりますが、目袋ができてしまうと老化としか言いようがありません。

実際に表情筋の衰えからこの目袋は作られます。

涙袋は整形で作ることも取ることも可能なんです!

折角のチャームポイントである涙袋をわざわざ取ってしまいたいという方は少ないでしょう。

ただ、私の友達で涙袋があまりにも大きくて気にしている人がいます。

ちょっとぷっくりしているだけだと石原さとみさん風でカワイイのですが、大きいと腫れているようで気になるようです。

また大き過ぎる涙袋の影がクマを作り出しているんだとか。

この涙袋ですが整形で作ったり、取ったりすることができるんだそうです。

よくしわ取りなどに使われるヒアルロン酸の注入で簡単に作り出すことが可能なんだそうですよ!

f:id:oyakudachinomori:20160705203759j:plain

私の友人のように涙袋が大き過ぎたり、スッキリした目元にしたい!という方には涙袋を除去する整形もあります。

下まぶたの内側を切開して、脂肪分を取ってしまう方法です。

下まぶたの内側なので、表面から傷も見えません。

ただ涙袋というのは流行があり、以前は嫌われていた時期もあったのですがここ数年はチャーミングだともてはやされていますね^^;

流行に流されて整形を繰り返すのはあまり望ましいことではありません。

涙袋がない人はメイク方法であるように見せかける、ある人は目立たないようなメイクをするという技もあるようですから、整形は最後の手段にしてみてくださいね(^_-)-☆

切らない美容整形はコチラ♪⇒【KM新宿クリニック】メスを使わないたるみ治療「サーマクールCPT」 0 - 目の下のたるみと涙袋の違いは?整形で取ることも作ることも可能

目の下を整形する効果の最近記事

  1. プラセンタ注射は目元のしわやたるみに効果があるの?持続性は?

  2. サーマクールアイは目の下やまぶたのたるみに効果があるって本当?

  3. イオン導入は効果あり?美容皮膚科でも受けられるの?

  4. 目の下のしわにボトックス注射をしたら!?どんな効果があるの?

  5. 目の下のしわ・たるみ・クマを取り除く脱脂術の効果は高いの?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP